注目の投稿

JW-CAD・Sketchup・Kerkythea 連携

■ 2D-3D-レンダリング連携 ■ クリックして圧縮ファイルをダウンロード・ 解凍したファイルをそれぞれのフォルダーにコピー ●旧ヴァージョンのSketchupのダウンロードアドレス https://help.sketchup.com/ja/articl...

2017年12月10日日曜日

内観図の作り方

窓越しの背景の作り方、背景設定の仕方

外観図でやったGlobalSUN$SKYでも同じように背景を反映させることができます。



今回は、Sketchupデーターで背景をセッティングする方法です。

背景になる写真を用意します。




Sketchupデーターで背景を貼り付ける平面を作ります。



内部からの視点を設定しアングルを調整します。貼り付ける面を選択する。


「ファイル」-「インポート」で用意した写真を選択し「テクスチャーとして使用する」にチェックを入れて「開く」をクリックする 。
さらに設定した平面の角にマウスを合わせてクリックする。



写真の配置を調整するために、写真を右クリックして「テクスチャー」-「配置」をクリックすると次のような画面が表示されマウスクリックで位置を調整します。調整が完了したら白い画面をクリックして確定します。


シーン設定したアングルを確認してよければ保存し、そのままKerkytheaにエキスポートしてレンダリングをします。
エキスポートする前に必ず「CtrlT」か白い画面をクリックして選択を解放させてください。
エキスポートしたファイルをKerkytheaで読み込み、透明ガラスの設定を行ってからレンダリングをしてください。


このように窓越しに背景のある画像が完成します。







0 件のコメント:

コメントを投稿