注目の投稿

JW-CAD・Sketchup・Kerkythea 連携

■ 2D-3D-レンダリング連携 ■ クリックして圧縮ファイルをダウンロード・ 解凍したファイルをそれぞれのフォルダーにコピー ●旧ヴァージョンのSketchupのダウンロードアドレス https://help.sketchup.com/ja/articl...

2017年11月27日月曜日

Kerkytheaの基本 • レンダリングの設定

Sketchupで設定したシーンをレンダリングする

①「Render」-「Start Render」でレンダリング設定画面が表示される。
②「Camera」:Current View=直前の画面すなわち表示されているシーン
③「Resolution」:レンダリング画面サイズ=解像度(青色点線範囲)
④「Settings」:Custom Settings=品質の自動設定(一番適切なレンダリング)



03PhotonMap-Quick=レンダリング時間を短縮し一番効果的



OK」ボタンをクリックすると、レンダリング作業が開始され、右下のQuickViewで進行状況を確認できる。


なお、ツールバーの「Pause Renderd」をクリックするとレンダリングを一時停止、「Stop Render」をクリックするとレンダリングを中止できる。


レンダリングが完了したら、ImageボタンをクリックしてRendered Image」ウインドウを立ち上げ、Save」ボタンをクリックしファイル名を入力し保存形式を指定して「OK」ボタンをクリックすると画像ファイルとして保存される。

0 件のコメント:

コメントを投稿